本組織では、エンジンやクーラントからの熱を最大で16時間保持・保存して、冷間始動の際にエンジンクーラントを暖める ために使用する方法を探している。

これは蓄熱素材である可能性はあるが、本組織としてはその他の方法も検討対象とする。

背景:

始動準備としてエンジンクーラントを暖めておくことによって、ドライブサイクルを開始する際の摩擦を減少させることができる。

これが実現できれば、CO2を2-4%減少させることができる(サイクルおよびエンジン/自動車の組み合わせに依存する)。

方法としては、ある種の熱を吸収する素材で、自動車が動いている間はエンジンとクーラントから熱を充填して、最大16時間蓄熱器として動作し、当該の熱を始動の前にクーラントに移転するものである可能性もある。

ただし、同様の結果を実現できるものであれば、どんな方法も提案できるものとする。

熱をエンジンから吸収する能力は、自動車の全般的な冷却システムの効率を向上させるために、また、エンジンを最適動作温度で安定させるために役立つ可能性もある。

制約条件:

  • 仕様熱容量 > 500J/g
  • 蓄熱温度 85°C
  • 放熱温度(吸気温15℃にて) 20 ~ 60°C
  • 機器データ:
    • 総熱容量 1250Wh
    • 放熱電力: 22.5kW
    • 最大蓄熱素材重量 ~10kg
    • 断熱(必要があれば)
    • 16時間内の最大エネルギー損失: 250Wh

可能性があるソリューション分野:

  • 素材研究
  • 宇宙船冷却
  • 受動的太陽熱暖房および冷房に使用される素材と技術

望ましい成果:

エンジン/クーラントの熱を抽出し、一定の時間保持して、冷間始動の際にクーラントを暖めることができる、効率的な方法

望ましい時期: 12ヶ月以内

年商: 5億ドル以上

企業タイプ: 営利企業(公開)

使用分野と意図する使用目的: 自動車産業

ライセンス条件:

本クライアント企業(テックニードの著者)は、本テックニードへの紹介が成約の結果につながった場合には、すべてのyet2.com成功報酬を支払うことに同意している。