ラジエーター、エアコン、オイルクーラーなどの冷却パッケージを前部に持つ自動車は、自動車が停止したり徐行したりしている時には、ファンを使ってエアフローを増大している。

しかし、自動車が高速になると、これらのファンはエアフローを増大させるよりも妨害するようになる。自動車が低速の時には必要な動作を行い、自動車が高速になった時のエアフローへの制限が少ない、新規のファン技術を探している。

背景:

従来の車両前部の冷却システムにある冷却ファンは、設計上、軸上にあって電動である。そういったファンは70km/時(43マイル/時)までは有効であるが、それ以上の速度になると、ファンのハブや羽根が原因となって、「オーバーブロー領域」(内蔵抵抗)では有意なエアフローの損失を示す。

何らかの新規の代替案により、これらの損失をなくしたい。

screen-shot-2016-10-26-at-11-51-27

 

制約条件:
ラジエーターパッケージの典型的サイズ:

    • サイズ: 638mm x 435mm x 16mm
    • インタークーラー: 661mm x 317mm x 30mm
    • 復水器: 623mm x 397mm x 12mm

可能性のあるソリューション分野:

航空機技術を応用した“可変ピッチ”羽根。前方からのエアフローに反応して、後方に曲がるファン羽根。ハブなしのファン。ファンに対する技術的代替品。

望ましい成果:

車両が高速の際のエアフローの増大

望ましい時期: 12ヶ月以内

年商: 5億ドル以上

企業タイプ: 営利企業(公開)

使用分野と意図する使用目的: 自動車産業

ライセンス条件:

本クライアント企業(テックニードの著者)は、本テックニードへの紹介が成約の結果につながった場合には、すべてのyet2.com成功報酬を支払うことに同意している。