技術概要:

日本ゼオン株式会社(以下「ゼオン」)はクインタックスチレンブロック共重合体と呼ばれる新素材を開発しました。この新しいポリマーはQSBC(Quintac Styrene Block Copolymer)とも呼ばれ、SIS(スチレン-イソプレン-スチレン)の弾性とSEPS(スチレン-エチレン-プロピレン-スチレン)やSEBS(スチレン-エチレン-ブチレン-スチレン)に代表される耐熱性を組み合わせたユニークな特性を提供します。ゼオンのナノレベルでのポリマー構造制御技術により、この新しいTPE(熱可塑性エラストマー)の設計が可能になりました。

QSBCは高い耐湿性を持ち、170℃までの耐熱性があります。 その低臭気と検出限界を下回る低VOCという特徴を持っているため、ホットメルト感圧接着剤や封止剤のためのポリマー性能改良剤として使用できるのではないかと考えています。用途としては自動車の内装、消費財、医療分野などが想定されます。またQSBCは透明ポリプロピレン(PP)のための優れた耐衝撃性能改良剤または可塑剤/靭性改良剤として使用することができます。

QSBCは、非常に薄くても弾力性を維持しており、その事が市場の他の機能性素材との差別化要因となっています。 製品の弾力性を高めるために使用されている素材の代替としてQSBCを利用することにより、多くの最終製品の軽量化につながる可能性があります。

ゼオンは、加工性/作業性の向上を目指す製造業の方々に、加工プロセスを簡素化できるQSBCを評価していただきたいと考えております。熱可塑性の硬質エラストマー(例えば、既存SIS/SEPSなどのSBC)とポリスチレンなど熱可塑性樹脂を同量配合する場合、通常は押出加工前にプレコンパウンドを行う必要があります。これに対し、QSBCはプレコンパウンドを行わずに直接押出機に添加することができるため1工程が不要となり、エネルギーコストの低減につながります。

 

可能性のある用途:

  • 単体としてのQSBC:
    • 高温感圧性接着剤
    • 耐高温性フィルム類やシート類
    • 成形品等
  • 他の熱可塑性エラストマー/樹脂とのブレンドまたはポリマーアロイ中のQSBC
    • サスペンション、エンジン搭載用部品
    • 自動車、オートバイ、スクーター、マウンテンバイク用サイレントブロック
    • 自動車内装部品(プラスチック部品への耐衝撃性付与)
    • ABS用軟化剤
    • 電子機器のハウジング

 

特徴とメリットの概要:

  • ポリオレフィン系エラストマーよりも高い柔軟性
  • 加工の簡略化(プレコンパウンドせずに直接押出機に投入できる)による省エネルギー化
  • SEPSよりも優れた弾力性と耐久性
  • 高温領域(170℃)までの安定性
  • とりわけSISやポリオレフィンに比べて低VOCレベル
  • SIS、ポリウレタン、ポリオレフィンに比べて低臭気
  • 油に溶けやすい(既存のSEPSと同程度)
  • 高い耐湿性
  • 高い耐アルカリ性

 

開発段階:

ゼオンのQSBCは現在、製品開発の最終段階にあります。

各方面のユーザー様に広くご使用いただけるよう要求仕様と適合性について検討したいと考えております。さまざまな用途で新素材をお探しのお客様からのご連絡(サンプル評価のご希望など)をお待ちしております。

 

評価用サンプル提供:

この素材は現在開発中ですが、少量のサンプルをご提供可能です。詳細な情報に関しては、ご要望に応じてご提供致します。

 

求めている協業の種類:

ゼオンではQSBCを使用した製品開発にご興味のあるコンパウンドメーカー(コンパウンダー)様やエンドユーザー様を募集しています。

 

技術詳細情報:

QSBCは170℃までの温度で3時間、その形状と透明性を維持します。それに対して他のほとんどのTPEは溶融、変形、変色を始めます。その低VOCと低臭性は市販のSEPS製品に匹敵し、それはポリウレタン、オレフィンよりもはるかに低い特性です。

素材が分解されるとVOCや悪臭を放出します。そのため低VOCや低臭気は、素材の耐候性が高いことを示す指標の一つとなります。さらに、自動車(内装部品)、医療、接着剤などの産業分野では、低VOC、低臭気の素材が望まれています。QSBCを170℃で30分間加熱しても臭気は検出されません。

また、VOC成分も検出されません。既存のSIS、ポリウレタン、ポリオレフィンは、図4に示すように、同一試験中に分解を開始し、VOCや悪臭を発生させます。

ゼオンのQSBCのひずみは11%で、既存のSEPS、ポリウレタン、ポリオレフィンよりもはるかに低く、標準的SISと同等の値です。ミクロ相分離構造を制御することで、高応力領域(高弾性率)でもSISと同等の弾性力(低ひずみ)を維持します。

QSBCはその他多くのTPEと比較して、ほぼ同等またはそれ以上の性能特性を示しています。