サントリー食品インターナショナルがイノベーションパートナーを求めています


Spread the love

2021年2月2日(PRLEAP.COM)ライフスタイルニュース

サントリー食品インターナショナル株式会社は、飲料向け天然保存料ソリューションで個人、スタートアップ、研究機関との提携を目指しています。サントリー食品インターナショナル株式会社 (以下サントリー) のオープンイノベーションポータルを通じてご意見をお寄せください。

消費者は自然由来の原料を使用したクリーンラベル商品に注目しています。現在一部の市場において、サントリーは製品の安全性を確保するため、わずかな量ですが人工保存料と加熱処理を併用しなければなりません。世界的に高まる消費者の需要に応えるため、サントリーは人工保存料ゼロを目指しています。

サントリーではカビや酵母に対して抗菌・静菌作用を持つクリーンラベル素材を探しており、植物由来の天然保存料に関心を持っています。また、食品用途で安全に使用されてきた微生物(乳酸菌、酵母、麹菌、キノコなど)から作られる天然保存料にも関心を持っています。

主な選考基準

ご提案の際は、サントリーの内部評価のためにサンプル提供をしていただく必要がございます。またご提案される素材は食品として安全に使用された実績があり、安全性に問題がないことが条件となります。理想的にはカビや酵母に対するMIC (好ましくは<1,000 ppm)の実験結果を保有し、水への溶解性が高く、広いpHに対して安定している素材が望ましいです。サントリーは、飲料の色・味・香りが損なわれないこと、および大量生産が可能または可能性が高いことが好ましいと考えています。

詳細については、サントリー食品インターナショナルのオープン・イノベーション・ポータルに掲載されている『Natural Preservatives for Beverages(飲料向け天然防腐剤)』をご覧ください。

yet 2は、サントリー食品インターナショナルのオープンイノベーションポータルを管理・運営しています。このポータルは、ソリューション提供のための単一のエントリー・ポイントを提供し、申請が適切に審査されて評価の適切な段階に進むまで、機密情報がサントリーに渡される事はありません。yet2はいくつかの基準に基づいてご提案をフィルタし、評価いたします。

サントリーについて

1899年に日本の大阪で家族経営の企業として創業したサントリーグループは、2019年の年間売上高(物品税を除く)は210億ドルに達し、アメリカ大陸、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、オセアニアで事業を展開するグローバル企業に成長しました。サントリーは、大胆な野心の精神である「やってみなはれ」を原動力に、世界中の40,210人の従業員が、日本の職人技と世界の味覚を融合させた独自の技術を駆使して、新たな商品カテゴリーや市場を開拓しています。

サントリー食品インターナショナル株式会社は、2009年にサントリーグループの一員として設立されたグローバル企業で、ノンアルコール飲料と食品カテゴリーの主力事業を統括しています。

サントリーグループとSBFの詳細については、www.suntory.com およびwww.suntory.com/softdrink/ をご覧ください。

yet2について

yet 2は世界のテクノロジー市場の中心で活動してます。1999年以来、オープン・イノベーション・コンサルティング企業として、国際的な企業のお客様に各種サービスを提供しています。yet 2は、ターゲットを絞った技術スカウト戦略的ディールフローオープンイノベーションポータル管理イノベーションツアー匿名取引、技術ライセンス、および特許取引サービスの分野で、実践的な技術移転サービスを提供しています。yet 2の詳細については、www.yet2.com を参照してください。LinkedInTwitterFacebookでyet 2をフォローしてください。

このプレスリリースはPRLeapによって発行され、オリジナル原稿はここに掲載されました:http://bit.ly/2Li5qs0


Spread the love